一般社団法人 帯広地方自動車整備振興会 > クルマの情報 > 車検と定期点検

車検と定期点検

道路運送車両法において、自動車の保守管理責任はユーザー自身にあること(自己管理責任)が定められており、自動車ユーザーには、日常点検と定期点検が義務付けられています。ユーザーは日常点検を含めた定期的な点検・整備を怠ることなく、自動車の安全の確保に努めなければならないのです。

車検と定期点検整備の違いはなんですか?

それぞれの特徴は次の通りです。最も大きな違いは車検が基準への適合性を見るのに対し、定期点検は安全性を確保するために行う点です。

車検

その時点でのクルマの安全面や公害防止面が基準に適合しているかどうかを検査するもので、次の車検までの安全性を保証するものではありません。

定期点検整備

クルマのトラブル防止や性能の維持を図るための予防整備であり、不具合箇所や部品の摩耗などを発見し、整備することで高い安全性を確保するものです。

車検の費用の内訳について

車検の費用には、クルマの点検・整備に必要な料金(技術料、部品・油脂代、保安確認料など)と、税金等諸費用(自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料など)があります。

点検・整備料金等

基本点検技術料 定期点検で義務づけられている項目の点検を行う技術料金
整備技術料 ・点検の結果、整備が必要な箇所の整備を行う技術料金
・お客さまのご用命により行う整備の技術料金
部品・油脂代金 使用部品、エンジン・オイル等の代金
保安確認(検査)料金 検査機器等を使用して基準に適合しているかどうかの確認を行う技術料金
検査代行手数料 お客様に代わって運輸支局等に出向き、車検証の更新手続きを行うための料金
エンジン、下廻り洗浄料 より正確な点検整備を行うためのエンジン、下廻り等の洗浄料金
下廻り塗装料 クルマの下廻りの腐食等を防止するための塗装料金

税金等の諸経費

自動車重量税 車検時に国に納める税金
自賠責保険料 自動車使用者が必ず入らなければならない法律で定められている強制保険
検査手数料 検査を受け、自動車検査証の交付を受けるための国へ納める手数料

整備事業場で行う車検とユーザー車検や代行車検との違いはなんですか?

イメージ図/ユーザー車検後の不具合

それぞれの特徴は次の通りです。最も大きな違いは車検の際に整備事業場では必ず定期点検を実施するという点です。

ユーザー車検・車検代行

自動車ユーザー自らまたは、ユーザー車検代行業者がクルマを国の検査場へ持ち込んで車検を受けることをいいます。これらの場合、車検の際に点検整備を実施しないケースがほとんどであり、このような場合、右のグラフに示すようなトラブルが発生してしまう可能性が高くなります。

整備事業場による車検

国から認証を受けた事業場として、クルマの状態を点検した上で必要な整備を実施し、安全面、公害防止面を十分に確認したうえで車検を受けます。また、整備事業場では、定期点検を実施したクルマには整備保証をしているので、より安心してクルマを使用できます。

定期点検整備とは、どういうところを点検・整備するのですか?

定期点検とは自家用乗用車の場合、車検と車検の間の年に行う1年点検と車検時に行う2年点検があり、自動車の故障を未然に防ぎ、その性能維持を図るのが目的です。ユーザー本人が容易に行うことができる日常点検にくらべて専門的知識・技術等が必要な点検内容なので、整備工場に依頼して、しっかり点検してもらいましょう。

ステアリング装置

イメージ図/ステアリング装置

ハンドル操作の不具合を防止するため、ロッドおよびアームの緩み、がた、損傷等を点検します。

ブレーキ装置

イメージ図/ブレーキ装置

ブレーキの効き不良を防止するため、ブレーキディスクの摩耗および損傷等を点検します。

動力伝達装置

イメージ図/動力伝達装置

走行時の振動や動力伝達不良を防止するため、プロペラシャフト連結部の緩み等を点検します。

電気装置

イメージ図/電気装置

エンジンの始動不良や排気ガス悪化防止のため、点火プラグの状態等を点検します。

走行装置

イメージ図/走行装置

ホイールの脱落などを防止するため、ホイールナットおよびホイールボルトの緩み等を点検します。

サスペンション

イメージ図/サスペンション

サスペンションの異音の発生や不具合を防止するため、取付部および連結部の緩み、がた、損傷等を点検します。

エンジン

イメージ図/エンジン

エンジンの不具合を防止するため、冷却装置の水漏れ等を点検します。

ばい煙・悪臭のあるガス・有害ガスなどの発散防止装置

イメージ図/発散防止装置

熱害による火災発生等を防止するため、排出ガス減少装置の取付の緩みおよび損傷等を点検します。

不正改造とは?

不正改造(保安基準不適合)にはさまざまな種類があります。気軽に部品交換や装着をしたら、実は不正改造(危険・処罰・車検が通らない)だったということも…。部品交換や装着の際は不正改造にならないためにも注意が必要です。

灯火類の灯火の色を変更

イメージ図/灯火の色を変更

高速走行する自動車の動きを示す制動灯や方向指示器。決められた灯光の色を替えるということは、誤認を与えとても危険です。

運転者席・助手席の窓ガラスへの着色フィルム貼付け

イメージ図/着色フィルム貼付け

運転者の視界を妨げる濃い色の着色フィルム。運転席および助手席の窓ガラスに貼ると、状況確認が困難になりとても危険です。

タイヤおよびホイールの車体(フェンダー)外へのはみ出し

イメージ図/ホイールの車体外へのはみ出し

高速で回転する突出したタイヤやホイールは、歩行者に危害を及ぼしやすく、車体やブレーキ機構への干渉により事故や故障の原因にもなります。

基準外のウイングの取り付け

イメージ図/基準外のウイング

基準には不適合となるリヤウイングの取り付けは、他の交通の安全を妨げるおそれがあります。

社団法人 帯広地方自動車整備振興