一般社団法人 帯広地方自動車整備振興会 > 新着情報 > 会員

自動車整備業に携わる皆様へ (日整連ホームページより)

(日整連公式ホームページより転載)

  このたび、新型コロナウイルス対策として政府から緊急事態宣言がなされました。基本的対処方針の中で、自動車整備業が休業要請を行わない業種の一つとされました。
 これは、自動車整備業が国民生活を維持する上で必要不可欠な重要なものであることが改めて認識されたものであります。
 自動車整備業に携わる皆様におかれては、国難ともいえる厳しい状況下ではありますが、経営の実情を勘案しつつ、事業を実施される場合は自身とお客様の健康を最優先し、国民の生活と安全を支える誇りをもって日々の業務に精励されることを祈念申し上げます。

(一社)日本自動車整備振興会連合会 会長 竹林 武一
(一社)日本自動車販売協会連合会 会長 加藤 和夫 

整備作業中ならびに持込検査時の事故が続発しています!(注意喚起)

日頃、会員各位におかれましては十分に安全に配慮され整備作業を行っているものと存じますが、帯広地区では今年に入ってから数件の持込み検査時の事故(ペダル踏み間違い等の誤操作、ギヤが入った状態での運転席からの離脱、操作ミスによる暴走)が発生しております。また、整備作業中の死亡事故もここ数年毎年のように起きているのが現状です。事故が発生した場合には従業員本人はもとより従業員家族、会社の事業運営はもちろん顧客も含め様々な影響が出ますし、検査場にある高額なテスタ機器等を破損させた場合は賠償しなくてはなりません。会員各位においてはなお一層の安全教育を実施いただくとともに安全第一と安全運転を周知徹底いただきたく思います。

社団法人 帯広地方自動車整備振興